2020年度春期講座

講座番号
1311

連続講座 ○○世紀の芸術家列伝Ⅱ―18世紀

ひとりの芸術家が歩んだ道は、時代がつくり上げた道でもあるでしょう。それは現代に通じる道でもあります。そこで、新たな眼差しで歴史上のひとりの芸術家をとらえながら、講座を通じて十数人の作家と作品でその世紀を眺め、それによって〈○○世紀〉を芸術の側から眺めていきましょう。

本講座は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、第1~8回(7/4まで)を開講中止とさせていただきます。
振替等については、随時、情報をアップいたします。
第9回以降につきましては、現時点では、開講を予定しております。

開講日時・講座内容・講師

第1回 2020年4月11日(土) 13時30分~15時00分 開講中止
「18世紀の美術・芸術への興味」
海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]
第2回 2020年4月11日(土) 15時30分~17時00分 開講中止
「伊藤若冲―江戸絵画の天才アスペルガー」
辻惟雄[美術史家、本学・東京大学名誉教授。若冲、国芳らの画業を再評価し現代に蘇らせる]
第3回 2020年5月9日(土) 13時30分~15時00分 開講中止
「ジャック・ルイ・ダヴィッド―新古典主義の美学」
大島徹也[美術史家、本学准教授。ポロック、抽象表現主義を中心に、西洋近現代美術史を研究]
第4回 2020年5月9日(土) 15時30分~17時00分 開講中止
「小田野直武―“ヨーロッパ”と出会った男」
小川敦生[美術ジャーナリスト、本学教授。日経BP社編集委員、日本経済新聞社記者を経て現職]
第5回 2020年6月6日(土) 13時30分~15時00分 開講中止
「池大雅―万巻の書を読み、万里の路を行く」
木下京子[美術史家、本学教授。近世日本絵画を研究。海外で日本美術の展覧会を手掛ける]
第6回 2020年6月6日(土) 15時30分~17時00分 開講中止
「ジャン・シメオン・シャルダン―異端の画家シャルダンの芸術の近代性」
中村隆夫[美術評論家、本学教授。象徴主義を研究。著書に『象徴主義と世紀末世界』他]
第7回 2020年7月4日(土) 13時30分~15時00分 開講中止
「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ―構造と生成」
久保田晃弘[アーティスト、研究者、本学教授。さまざまな領域を横断・結合する創作を展開]
第8回 2020年7月4日(土) 15時30分~17時00分 開講中止
「与謝蕪村」
平出隆[詩人、作家、本学教授。詩歌、小説、随筆などで言葉の多様な形態を探究する]
第9回 2020年10月3日(土) 13時30分~15時00分
「フランシスコ・デ・ゴヤ」
建畠晢[美術評論家、詩人、本学学長。詩作と現代美術のキュレーションに取り組む]
第10回 2020年10月3日(土) 15時30分~17時00分
「木喰」
柳原正樹[京都国立近代美術館館長。富山県水墨美術館館長を経て現職]
第11回 2020年11月7日(土) 13時30分~15時00分
「亜欧堂田善―アジアとヨーロッパにちなむ堂号をつけた男の作品」
海老塚耕一[美術家、本学教授。素敵なあそびとしての美術の楽しさを、制作と理論から探る]
第12回 2020年11月7日(土) 15時30分~17時00分
「ウィリアム・キャズロン―イギリス伝統ローマン体活字の源流」
山本政幸[タイポグラフィ研究者、本学非常勤講師、岐阜大学准教授。専門は欧文活字書体史]
第13回 2020年12月5日(土) 13時30分~15時00分
「尾形光琳―装飾芸術の輝き 闇の中の『光』」
鶴岡真弓[本学教授、芸術人類学研究所所長。『ケルト再生の思想』『ヨーロッパの装飾文様』他]
第14回 2020年12月5日(土) 15時30分~17時00分
「東洲斎写楽―日本人が好まなかった写楽の大首絵」
河内成幸。[版画家。伝統的木版画にシャープな凹版の線を組み合わせ、独自の世界を表現]
第15回 2021年1月23日(土) 13時30分~15時00分
「白隠慧鶴―発話する書画」
島尾新[美術史家、学習院大学教授。日本中世絵画史、特に室町時代の水墨画を研究]
第16回 2021年1月23日(土) 15時30分~17時00分
「ジャン・フィリップ・ラモー―フランス・バロック最後の巨匠」
小穴晶子[美学者、本学教授。18世紀フランスの音楽美学を研究。編著に『バロックの魅力』]
第17回 2021年2月27日(土) 13時30分~15時00分
「蔦屋重三郎―写楽・歌麿を生み出した名プロデューサー」
松山龍雄[季刊『版画芸術』編集主幹。現代版画を中心に日本の版画を30年以上にわたり発信]
第18回 2021年2月27日(土) 15時30分~17時00分
「近松門左衛門―虚実皮膜の間」
安藤礼二[文芸評論家、本学教授。民俗学と哲学から文学を探る。著書に『折口信夫』他]
第19回 2021年3月13日(土) 13時30分~15時00分
「沈南蘋」
成澤勝嗣[美術史家、早稲田大学教授。専門は近世日本絵画史。著書に『狩野永徳と京狩野』他]
第20回 2021年3月13日(土) 15時30分~17時00分
「マルキ・ド・サド―個の探求と普遍性」
萩原朔美[映像作家、本学名誉教授。演劇、文章、実験映画、写真等、表現の発見を繰り返す]
時間 【奇数回】13時30分〜15時00分
【偶数回】15時30分〜17時00分
場所 中町ふれあいホール(東急大井町線上野毛駅から徒歩12分、または東急田園都市線用賀駅からバス10分/本学上野毛キャンパスから徒歩8分) 
※駐車はできません。
※会場は、本学キャンパス内ではありません。ご注意ください。
受講料 全20回受講: 1万6000円  / 1回ごとの受講 : 各回1000円
定員 全20回受講 : 140名 / 1回ごとの受講 : 各回30名 (抽選)
申し込み締切 全20回、第1・2回 : 3月18日必着 / 第3~20回 : 各回の3週間前の土曜日必着
共催 世田谷区教育委員会

※本講座の申し込み方法は上記のみです。