株式会社サイバード

デザインに対する基礎力の高さ、それを業務に応用する柔軟性が多摩美生の魅力

「IT×エンタテインメント」をベースに、全世界で累計会員数3,000万人を超える恋愛ゲーム『イケメンシリーズ』をはじめ、ゲーム/コンテンツ事業など、国内外へ幅広く展開。また、Voice UI市場にもパイオニアとしていち早く参入し、Amazon Alexaスキル開発エージェンシーにも認定。
https://www.cybird.co.jp/
取材日:2021.01.21

コーポレート統括本部 戦略統括部
コーポレートコミュニケーション部
新卒採用責任者
川尻 真由香さん

お客様のニーズを理解したうえで、
チーム内で協業しながら
クリエイティブを発揮することが重要

サイバードには複数の事業体がありますが、基幹事業ともいえるのが自社オリジナルの恋愛ゲーム『イケメンシリーズ』です。ガラケーの時代からシリーズの前身となるタイトルがあり、スマホアプリ化から8周年を迎えました。累計会員数は全世界で3,000万人を突破し、現在、2.5次元の舞台公演やグッズ販売、地方自治体とのコラボレーションといった二次展開も積極的に実施しています。新卒・既卒を含め、多くの多摩美生がサイバードで活躍しており、2021年4月に入社予定の方もいらっしゃいます。

チームで一つのものを作り上げる経験が、社会でも生きてくる

多摩美からサイバードに新卒で入った方は、総じて基礎力が高いという印象です。それを業務に応用する柔軟性もあり、就学を通して基礎が確立されていると感じます。また、私が面接を担当し入社に至った方たちに共通していたのは、「学生時代に人と一緒に一つのものを作り上げた経験がある」ということでした。それも、ご自身が主幹となり、周りの人を巻き込みながらチームを推進されていたとのこと。この経験は社会人になっても必ず生きてくると思います。特にサイバードはチームで物事を進めることの多い職場環境なので、「自分が作りたいもの」ではなく、「お客様が何を求めているか」というお客様目線の発想で柔軟に仕事をしていただける方が適していますし、サイバードを就職先として選んでいただける多摩美の卒業生に期待している点でもあります。

グラフィックデザイン統括部
上木 舞花さん
2017年|版画卒

大ヒットゲーム『イケメン戦国◆時をかける恋』のアバター制作を担当

入社当初から「イケメンシリーズ」に携わり、現在は『イケメン戦国◆時をかける恋』という恋愛ゲームのアバター部分の素材制作を担当しています。中学の頃から友だちと一緒にゲーム作りを始め、かなり早い時期から親にも「将来はゲームを作る人になる」と宣言していました。そんな昔からの夢を、サイバードに入社したことで実現させることができました。

ファインアート系の学科からゲーム会社への就職実績が多いと知って

多摩美を選んだのは、卒業生の作品に大きな感銘を受けたことがきっかけでした。その人の考え方や、それを培った環境を知りたいと思ったんです。そこから高校に配布される資料などで多摩美を調べてみると、自由に制作できる環境があること、版画専攻からゲーム会社に就職する人が意外と多いことを知り、さらに多摩美への思いが強まりました。入学後は専攻での授業以外に、時間を見つけては友だちと一緒にゲームを作っていましたね。また、1年生の時から実行委員として芸術祭の運営に携わり、2年生ではそれと並行して模擬店も担当していました。学生時代にみんなで一緒に何かを成し遂げた経験は、社会人になった今も、周りに対して積極的に行動できるといった点で生きていると思います。

「なんでもやりたい」入社1年目から幅広く挑戦できた経験はサイバードならでは

入社後、最初に配属されたのは、新規ゲームを開発途中のチームでした。上長に「なんでもやりたいです」と伝えたのですが、本当にやることがいっぱいあって(笑)。UI(ユーザーインターフェース)やキャラクターの衣装デザイン、背景を制作するための外注先への依頼書作成など、全部やらせていただきました。大学時代、PhotoshopやIllustratorなどのアプリケーションをあまり使ったことがなかったので、そこは先輩に手取り足取り教えていただきながら覚えていったのですが、そんなアットホームな環境が自分に合っていると思いましたし、1年目からすごく良い経験をさせていただけたのもサイバードならではだと思っています。また、サイバードには事業化できそうなアイデアを社員が発表する場があるのですが、将来的には自分のアイデアをデザイン視点から企画にして実現できたらいいなと思っています。

思い返すと大学での時間はとても貴重なものでした。社会人になると大学生の頃のような時間は取れなくなってしまうので、後輩たちには今ある時間を大切に過ごしてほしいですね。また、「自分は、この道でいいのか?」と壁にぶつかることもあると思います。でも、自分の本当に好きなこと、やりたいことを見つけておくと、その壁を乗り越えられると思うんです。ぜひ、好きなことを見つけてください。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
『イケメン戦国◆時をかける恋』主にゲーム内のアバター素材制作を担当
Slider

※掲載者の所属などは記事公開時のものです。